投球の際にも大きな役割が… 前田健太がグラブに込めるこだわりと秘密とは?

投球の際に小指と薬指を握って投げる前田はその部分の“握りやすさ”をグラブに求める

 ツインズの前田健太投手が7日、都内でブランドアンバサダーを務めるミズノの「2022年使用グラブ発表会」に参加した。2022年用のグラブは斬新さと温故知新をテーマに作製され、黒と赤の配色で「リハビリからスタートなので『焦らない』『ゆっくり進んでいく』というイメージで」と、ウェブ部分は“亀”の甲羅をイメージさせるデザインになっている。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 プロ野球選手は、それぞれでグラブに対してのこだわりを持っているもの。それはボールを“捕る”ことが役割の中心である捕手や野手だけでなく、“投げる”ことが主な役割でもある投手も同様だ。メジャーリーグで活躍する前田も「グラブ1つでピッチング、バランスが変わってくる。1番大切なものです」と語っている。

 前田のグラブのこだわりの1つが、左手の“握りやすさ”だという。ボールを投げる際に左手の薬指と小指を握って投げるため、その部分が柔らかく握りやすい仕様になっているものを好む。今年用のグラブも、ベロの縫い合わせ部分を小指と薬指付近に移動させ、握りやすさを追求したものとなっている。

 グラブを着用した時のはめ心地も重視する。広島時代にはゴールデン・グラブ賞を受賞しているように守備にも高い意識があり「ゴロもしっかり取りやすいように」と丸みのあるものにしている。また、「デザインも大事。多くの人に見られるように、欲しいと思ってもらえる、憧れるようなデザインを作ってもらっている」と細部まで自身の希望を反映させている。

 重すぎると投げる際に左手が動かしづらくなり、軽すぎてもダメ、と、投球フォームのバランスにも影響を及ぼすグラブ。投手にとっても大きな役割を持ち、人それぞれに合う、合わないも存在する。グラブを買う際には、グラブごとの特徴、そして自身のスタイルなども意識した上で、しっかりと自分に合うものを見つけて欲しい。

【次ページ】【動画と写真】小指と薬指部分の形、ウェブに特徴が… 前田健太のこだわりが詰まったグラブの写真と動画