巨人Jr.に選ばれるには? 打撃が苦手でも「諦めないで」…大事な“凡退後の姿勢”

公開日:2023.12.22

更新日:2023.12.27

文:川村虎大 / Kodai Kawamura

XFacebookLineHatena

西村監督が明かした選考基準「打てなかったときの振る舞いを見ながら」

 選ばれた16人が伝統あるオレンジカラーのユニホームを身にまとう。26日に開幕する「NPBジュニアトーナメント KONAMI CUP 2023」で、巨人ジュニアを率いる西村健太朗監督は、就任4年目にして初優勝を目指す。今年は例年と比較しても技術の高い選手が多く、選考は「選ぶのが難しかったです」と振り返る。

「能力は本当にひとりひとり高いです。そして、のみ込みが早くて、ただただ『すごいな』って思ってしまいます」。300人を超える応募から選ばれた16人。17日の練習試合でDeNAジュニアに敗れるまで、負けなしだったという。

 今年から準決勝と決勝で投手の連投ができなくなる。そのため、投手がより多く必要となり、その分、野手も“できるポジション”の選択肢が多い選手を中心に選んだという。「同じポジションにいると選べないとかもあるので……今年は本当に難しかったですね。今年じゃなかったら選ばれている人もいたと思います」と選考の悩みを振り返った。

 西村監督が大事にしていたのは、技術以外に姿勢の部分。「打った結果だけではなくて、打てなくてもその後のプレーや、打てなかったとき、抑えられなかったときの振る舞いを見ながら。あとは元気のある選手ですね」と選考理由を語る。

 逆に選びにくいのは、全力疾走ができない選手。「小学生は特に何があるかわからないので。そういうのはちょっとよ良くないし、選びにくいですね。大事かなと思います」。

大切なことは“自信のあるもの”を何か1つ持つこと

 どの球団も毎年100人以上、多いチームは300人以上の応募があるNPBジュニア。選ばれる選手は走攻守3拍子で高い技術を持っているのは間違いない。しかし、西村監督は「打撃が苦手だからといって諦めないでほしい」と挑戦することを願う。大事なのは“自信のあるもの”を何か1つでも持つことだ。

 昨年から複合バットの使用が禁止され、本塁打数が激減。そのため、求められることも大きく変わった。「走塁に長けている子とか守備が無茶苦茶うまい子とか。秀でているものを持っていれば、選ばれる確率が高くなると思います」と話す。

 今年の巨人ジュニアは、打力だけでなく、走塁に秀でたスペシャリストがいるなど、個性豊かな面々がそろった。「今年の選手たちは失敗を怖がらずどんどん挑戦するので。本当にすごいです」。未来のプロ野球選手の登竜門。監督も驚く16人は、巨人のユニホームで初優勝を目指す。

巨人Jr.西村健太朗監督も参加……無料登録で指導動画が200本以上見放題

 巨人ジュニア監督の西村健太朗さん、中日ジュニアを2度の日本一に導いた湊川誠隆さんらも参加している野球育成技術向上プログラム「TURNING POINT」(ターニングポイント)では、無料登録だけで200本以上の指導・育成動画が見放題。First-Pitchと連動し、プロが磨き上げた技術や指導者の悩みを解決する最新理論などを紹介しています。

■日本一の監督ら50人以上が参戦「TURNING POINT」とは?

■TURNING POINTへの無料登録はこちら

https://id.creative2.co.jp/entry