大学3年まで“裏方”だった選手がプロ入り 元楽天投手が生かした唯一のチャンス

公開日:2022.09.24

文:間淳 / Jun Aida

XFacebookLineHatena

元楽天の土屋朋弘氏「野球は得意ではなかった」 高校では控え投手

 高校では控え投手でベンチにも入れなかった。大学では3年までブルペンにすら入れなかった。それでも、元楽天の土屋朋弘さんは社会人チームを経て、プロ野球選手になった。ターニングポイントは大学3年の時、上級生を相手にした打撃投手。日々の目標を立てて実行する地道な積み重ねが、チャンスをつかむ背景にあった。現役を引退して「土屋教室」で少年野球の子どもたちを教える立場となった今、継続する大切さを伝えている。

 2013年まで楽天でプレーした土屋さんは、エリートとは程遠い野球人生を歩んできた。高校や大学時代、自身がプロ野球選手になるイメージは沸かなかったという。

 小学4年生の時に地元・和歌山の少年野球チームで野球を始め、中学からは硬式野球チームに入った。中学では股関節を痛めたこともあり、公式戦の出場機会は少なく、進んだ箕島高ではバレーボールへの転向を考えていた。土屋さんは「運動は全般的に得意でしたが、野球は得意ではなかったです」と振り返る。だが、両親に説得されて野球部へ入部。遊撃手と投手を兼任していたがレギュラーをつかめず、ベンチにも入れなかった。

【次ページ】大学でも2年間はメンバー外 主力相手の打撃練習でチャンス到来

トレンドワード