甲子園で注目された「白スパイク」が大人気 用品店では品薄続き、効果に迫る

かっこいいだけじゃない、熱中症のリスクを軽減させる効果も

 今、アマチュア野球界には「白スパ」ブームが到来している。今春の選抜高校野球大会では出場校の約7割が従来の黒ではなく「白いスパイク」を使用。今夏の全国高校野球選手権でもほとんどの出場校が「白スパ」を履いていた。人気はどんどん高まっており、品薄になっているスポーツ用品店も多い。

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 選抜でも話題となった白いスパイク。出場32校のうち約7割が使用していた。日本高校野球連盟が、白いスパイクを解禁したのは昨年3月。本来は、その年の選抜が初披露の場となる予定だった。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会は中止となり、昨年8月に開催された選抜出場予定校による1試合限定の交流試合でお披露目となった。この時は32校中、44%にあたる15校が白いスパイク。半年ほどで、「白スパ」の人気は全国で高まったことが分かる。

 大手スポーツメーカーのミズノでも、スパイクの売れ筋は黒から白へと移行している。昨年は販売した金具スパイクの8~9割が黒だったが、今年はほぼ半々に。東京店で販売を担当する安河内雅史さんは「高校野球を見た中学生が白いスパイクを求めて来店してきます。品薄の状態が続いていて、最近ようやく商品が入ってきました。多くの販売店が、入荷したらSNSでアップするくらい人気です」と過熱ぶりを肌で感じている。電話での問い合わせも増えているという。

「見た目がかっこいい」「足が速そうに見える」と評判の白いスパイクだが、パフォーマンスを高める効果があると言われているのが、人気を集める最大の理由だ。黒に比べてスパイクの外も中も温度の上昇を抑えられるため、日本高野連も熱中症対策の一環として白も使用可能とした。熱中症になった際には靴を脱がせて体温を下げることが推奨されるほど、足の温度は大切なのだ。

【次ページ】ミズノの調査では表面温度は15度以上の差、内部も約10度の差があった