「野球=お金持ち」のイメージ払拭 明大前駅から徒歩1分“格安”練習場を作ったワケ

明大前から徒歩1分…6月にオープンした「THE ANCHOR BASE」

 テニスコートほどの広さ200平方メートルのスペースには、野球への恩返しと野球少年・少女たちへの思いが詰まっている。今年6月、東京都心に室内練習場「THE ANCHOR BASE」がオープンした。利用料は相場の半額ほど。子どもたちが目いっぱい野球を楽しむだけではなく、将来を見据えた体の使い方や怪我を予防する知識を学ぶ場にもなっている。

【プレミアムプラン「無料体験」実施中】プロになるために大事な「時間の使い方」 各分野のプロが動画解説【TURNING POINT】

 東京都世田谷区、京王線「明大前駅」から徒歩1分。ビル1階の扉を開くと、秘密基地へ来たように心が弾む。鮮やかな緑色の人工芝にビンテージ感のある黒いネット。壁はレンガ風にデザインされている。「THE ANCHOR BASE」。古き良き米国のボールパークをコンセプトにした室内練習場だ。

 施設を立ち上げたのは、都内でバッグや小物を製造・販売する会社を経営する並木健さん。少年野球をしている3人の息子を育てる父親で、息子たちが所属するチームでコーチをしている。

 並木さんの野球歴は長くない。だが、出会いに感謝する気持ちは強い。野球を始めたのは中学3年生の時だった。幼馴染に誘われて試しに球を投げると、そのスピードに驚かれたという。

「筋トレをやっていたこともあって、幼馴染から球が速いから一緒に野球をやろうと声をかけてもらいました。当時は目標や夢を持てず、将来に不安を持っていました」

【次ページ】長男がチームに入って再び野球と接点、投手コーチ任され疑問が…