子どもの野球用具はどこで買うのが最適? 大型店・専門店・ネット通販の強みと弱み

公開日:2022.02.01

更新日:2023.12.26

XFacebookLineHatena

トレンドが分かる「大型店」、サービスが細かい「専門店」、安くて便利な「通販」

 少年野球を始める時、最初に直面するのは必要な用具をどこで買うか。大型スポーツ店、野球専門店、インターネット通販と選択肢があり、何を重視するかで判断は分かれる。それぞれの長所を知っておくと、1歩目を踏み出しやすくなる。

 子どもが少年野球を始める。ワクワクする楽しみと同時に、野球未経験の保護者は戸惑うことも多いのではないだろうか。揃えるべき用具の数が想像以上に多く、しかもどこで買うのがいいのか……。野球用具を購入する場合、主に3つの選択肢がある。様々な競技の用具を扱っている大型スポーツ店、野球用具に特化した専門店、インターネット通販。それぞれにメリットがある。

 大型スポーツ店はスペースが広く、商品が見やすい。特に全国展開している場合は、少年野球界のトレンドが分かる上に在庫が豊富。自社で製造した用具を他社ブランドで販売する「OEM」も充実している。

 野球専門店は選手1人1人のタイプや成長に合わせて、用具を提案する。大型スポーツ店と比べてスタッフの異動が少ないので、長い付き合いができる。用具を買い替える時の相談や購入後のアフターサービスも充実している安心感がある一方、大型スポーツ店よりも敷居が高い印象がある。また、売れ筋以外の商品も揃っているが、大型店のように大量購入していないので価格は高い傾向にある。

 インターネット通販の良さは価格と便利さ。店舗がなく人件費を抑えられるため、同じ用具でも大型スポーツ店や専門店より安い。また、基本的に24時間365日、都合の良い時に購入できる。デメリットは用具を直接手に取れないこと。スパイクやユニホームのサイズを確認したり、グラブやバットの感触を確かめたりできない。用具の特徴は説明文や口コミ頼みとなる。

 3つの選択肢を比較すると、それぞれに長所と短所がある。用具を購入する際に何を優先するかで、答えが見えてくる。

(間淳 / Jun Aida)