初回に21得点…日本が衝撃の連勝発進 ポニーU16指揮官が称賛した2選手のベンチワーク

公開日:2023.06.19

更新日:2023.12.26

文:高橋幸司 / Koji Takahashi

XFacebookLineHatena

ポニーU16「アジアパシフィック」大会が開幕…日本は中国、香港に連勝

 7月に米国で開催されるポニーリーグのワールドシリーズ出場権を争う「アジアパシフィックゾーン・チャンピオンシップ(U16コルトの部)」が19日、千葉・市原市のゼットエーボールパークなどで開幕した。今回は日本のほか、中国2チーム、香港、フィリピン、オーストラリアの計6チームが参加。この日はブロックに分かれてのリーグ戦によるトーナメント戦枠順決定戦を行い、日本は2連勝でシード獲得と、幸先の良いスタートを切った。

 ブロックAに入った日本は、第1試合で中国1と対戦。相手バッテリーのミスが重なる中、「6番・指名打者」で出場の松本怜青外野手(神田Rebase)が2点ランニング本塁打を放つなど積極的な走塁を絡めた攻撃が光り、初回からいきなり21得点の猛攻。2回にも2点を加え、投げては先発・團春樹投手(市原ポニー)、中野太聖投手(高松LTSポニー)の零封リレーで23-0の3回コールド勝ちを収めた。

 第2試合の香港戦も、6番・金谷隆之助内野手(関メディベースボール学院)の先制打を含めて3本のランニング本塁打が飛び出すなど、2回に6点を先取。4回にも一挙10得点と畳み掛けた。投げては先発の新垣孝介投手(沖縄ダイヤモンドBC)ら計3投手による完封リレーで16-0の4回コールド勝ち。2連勝でリーグ1位突破を決めた。

「中学生だから、何が起こるかわかりません」と試合前に井関紀雄監督は語っていたが、終わってみれば2試合とも走攻守にレベルの高さを見せた日本の圧勝だった。中でも初日の大勝劇の要因として指揮官が挙げたのが、神田Rebaseから参加する松本と、主将・蔵並虎之介外野手の“ベンチワーク”だ。

井関監督が主将・蔵並、松本を絶賛「積極的に声を出してくれる」

トレンドワード