“野球人口減”阻止へ、高校部活が開く「突破口」 練習影響懸念も…球速も上がる相乗効果

文:高橋幸司 / Koji Takahashi

XFacebookLineHatena

スポーツ人口拡大と地域活性化に寄与…大垣北高校の「Jrベースボールラボ」

 少子化、子どもの体力低下、教員の働き方改革など、学校の「部活動」を取り巻く環境が大きく変化する中、高校生が主体となって小学生対象の野球教室を開催し、スポーツ人口減少食い止めや地域活性化に貢献する試みが行われている。岐阜県立大垣北高校野球部による「大垣北Jr(ジュニア)ベースボールラボ」だ。オフだけでなくシーズン中も継続的に実施しているのが特徴で、近藤健二監督は「選手たちの成長にもつながるし、こうした取り組みが広がれば」と効果を語る。

 大垣北は、来年創立130周年を迎える県内屈指の進学校で、野球部も今年125周年の節目を刻んだ“古豪”。1951年夏の甲子園で8強入りした実績があり、OBには近鉄の内野手として通算321試合に出場した木村勝男氏がいる。

 同ラボは、球界を取り巻く現状を授業で学んだ選手たちが、「高校の施設を活用し、小学生にスポーツに触れる楽しさを感じてもらいたい」と2023年1月に発足させた。地域の小学3~6年生(登録約130人)を対象に、毎月1、2回の教室を実施。ベースボール5、打撃練習、キャッチボール、ドッジボールなどでの基礎体力・動作づくり、さらに休日や長期休みに実施する際には学習の時間も設ける。この3月、スポーツ人口拡大に貢献する取り組みを表彰するスポーツ庁の「Sport in Lifeアワード」で団体部門優秀賞に選出された。

 始めてから1年余り、参加する小学生や保護者からアンケートをとると、野球や運動、勉強へのモチベーションは着実に向上しているそうだ。と同時に、この取り組みは高校生にも相乗効果があると近藤監督は語る。

「小学生に教えることで、選手たちの言葉の引き出しが増えますし、視野が広がり、思いやりも生まれます。アウトプットするためにはインプットも必要ですから、普段の練習でも『きちんと吸収しよう』と取り組み方が変わってきます」

 当初は、ラボの準備・実施に時間を取られ、技術低下につながらないか不安もあったそうだが、「今では全く逆で、やった方が効果があると感じています。普段の練習をより大切にするようになるし、1年生で140キロを超える投手が出てきたり、打撃面でもポジティブなデータが現れたりと、パフォーマンス向上にもつながっています」と手応えを口にする。

専門用語使わず平易な言葉で…学習の時間は集中する空間を作り“学び方を学ぶ”

子どもたちへの指導によって高校生にも多くの引き出しが生まれる【写真:高橋幸司】

 実際に選手たちは、どのような意識で小学生たちに教えているのだろうか。

 企画を主導する無藤蓮生(むとう・れん)主将(2年)は、「普段、監督・コーチから教わっていることを、きちんと咀嚼し理解した上で、子どもたちにはできるだけ簡単な言葉で伝えるようにしています。チームとしても共通理解の徹底が必要になります」と語る。

 副主将の田中蒼士さん(2年)も、使う言葉に意識を向ける。「自分たちは肩甲骨や股関節などの専門用語を使いますが、わかりやすい言葉で説明することを心がけ、なるべく目線をそろえて話したり、一緒に体を動かして伝えたりすることも意識しています」。同じく副主将の高井優希さん(2年)も、「大袈裟にリアクションしてみたり、自分の感情を出すことで距離が縮まると感じます」と言う。

 学習の時間については、「野球を教えるよりも難しいかもしれません(笑)」と無藤さん。野球には前向きな子どもたちも、勉強に関してはそうとは限らないからだ。その中で「高校生も一緒に自分たちの勉強をして、集中する空間を作ることで、“学び方を学ぶ”ことを伝えられるように意識しています」と工夫を凝らす。

 相乗効果は、皆が実感している。「小学生は正直ですので、僕らの言葉に対して『反応してくれた』『今のはよくなかった』ということがわかりやすい。将来の仕事でのコミュニケーションにも活かせると思います」と田中さん。高井さんも、「準備や片付けも含め、自分本位にならず、周りをよく見ることにつながったと感じます」と語る。昨年12月には日本野球学会でラボの成果を発表する機会も設けられ、「人に伝える経験ができて、広い年齢層の方と関われて視野が広がりました」と無藤主将は口にする。

大垣北高校野球部ナインとラボに参加する小学生たち【写真:高橋幸司】

 選手たちをサポートしてきた近藤監督は、こう語る。

「子どもの数の減少や、教員の働き方改革、公園で球技NGなどの環境の変化もあります。今までと同じ感覚でやっていては、制限されていく一方になってしまう。新しいことに取り組んでいくことで、突破口が見えてくるのではないでしょうか」

 スポーツや野球を好きになる子どもたちが増え、地域が盛り上がり、しかも、選手たちの成長へのシナジーもあるのであれば、これほどメリットの大きい取り組みはない。新しい部活動の形が広まり、全国各地で“突破口”が生まれてくることを期待したい。

3月14日のラボで、最後の参加となった小学6年生に贈られた修了証【画像:大垣北高校野球部提供】

トレンドワード