教えてないのに…小学生が“驚異的プレー” 押し付けない指導が育む「柔軟発想」

公開日:2023.12.25

更新日:2023.12.27

文:福谷佑介 / Yusuke Fukutani

XFacebookLineHatena

就任5年目のホークスJr.帆足和幸監督…変化した指導「考えさせるように」

 26日から神宮球場と横浜スタジアムで行われる「NPBジュニアトーナメント KONAMI CUP 2023」で2009年以来の優勝を目指すのが、福岡ソフトバンクホークスジュニアだ。率いるのは西武、ソフトバンクで通算267試合に登板し、90勝をマークした帆足和幸監督。就任5年目となる帆足監督の指導論を聞いた。

 2019年にホークスジュニアの監督に就任した当初と、5年間で指導における考え方も変わったという。日頃はジュニアアカデミーのコーチなども行っている帆足監督。「最初はティーチングでした。どうしても『ああしろ、こうしろ』となってしまっていて、そうなると、子どもたちも楽しくないし、なかなか成長しない。今は自分たちで考えさせるようにコーチングすることを心がけています」。答えを与えるのではなく、自分たちに考えさせることが大事だという。

「子どもたちに考えさせると、考えた分だけうまくなります。いろんな発想が出てきますし、考える力がつくと思います」。今年4月、球団の指導理念、考え方に基づいて定めた育成方針「ホークスメソッド」を発表。帆足監督もそれに則って“考えさせるコーチング”を意識して子どもたちと接すると、驚くべきことも起きた。突然、ある子どもがキャッチャーフライでタッチアップを決めた。一切、教えたこともなかったが、子どもなりに考えたアイデア。「こっちがビックリしました」。柔軟な発想に帆足監督が驚かされたという。

 福岡県立三井高から九州三菱自動車を経て、2000年のドラフト3位で西武に入団した帆足監督。2012年にソフトバンクへ移籍し、2015年に現役を引退するまで15年間、プロの世界でプレーした。そんな実績ある左腕が“うまくなる”秘訣だとして挙げるのは「野球を好きでいること」「常に上手くなりたいと思うこと」だという。

 帆足監督も子どもの頃は厳しい環境や練習を当然味わってきた。ただ、苦しい中でも「野球が好きで、楽しいとずっと思っていました」と、“好き・楽しい”という気持ちを失うことはなかった。

大事なのは“継続”「すぐ止めていては得るものは少ない」

打撃練習でトスを上げるホークスジュニアの帆足監督(左)【写真:球団提供】

 現代の子どもたちは、YouTubeなどで練習方法や技術などの情報に触れることができる。帆足監督はそうしたものを見て学ぶことは、決して悪いことではないと言う。

 その中でも大事なのは“継続すること”。「試すのはいいこと。でも、試すなら長期的に試して、それで結果が出るか出ないかを計らないといけない。試してすぐ止めていては得るものは少ないので、継続してやるようにしてもらいたいですね」。子どもたちと普段触れ合っているからこその願いでもある。

 指導者として「上から目線にならないように」というのは心がけているという。「言葉遣いは気をつけていますね」。子どもたちと同じ目線に立ち、そして自発的に考えさせる。帆足監督はそんなポリシーのもとでジュニアチームで教えている。

NPBジュニアの現役監督も参加…無料登録で指導動画が200本以上見放題

 中日ジュニアを2度の日本一に導いた湊川誠隆さん、現巨人ジュニア監督の西村健太朗さんらも参加している野球育成技術向上プログラム「TURNING POINT」(ターニングポイント)では、無料登録だけで200本以上の指導・育成動画が見放題。First-Pitchと連動し、プロが磨き上げた技術や指導者の悩みを解決する最新理論などを紹介しています。

■専門家50人以上が参戦「TURNING POINT」とは?

■TURNING POINTへの無料登録はこちら

https://id.creative2.co.jp/entry

トレンドワード