“見よう見まね”は「本来の姿ない」 精鋭小学生に力説…情報社会こそ大事な「基礎」

公開日:2023.12.25

更新日:2023.12.27

文:真柴健 / Ken Mashiba

XFacebookLineHatena

オリックスジュニアを率いる小川博文監督が伝えたい「基本の大切さ」

 楽しいだけでは強くなれない。26日に開幕する「NPBジュニアトーナメント KONAMI CUP 2023」でオリックスジュニアを率いる小川博文監督は、2007年の第3回大会以来16年ぶりの優勝を目指す。

 オリックスや横浜で計16年プレーし、通算1720試合に出場して1406本のヒットを放った指揮官だが、「僕がプロ野球選手だったからといって、そのレベルの話をするかというとそうではありません」とキッパリ話す。

 指導方針は明確で「投げる、打つ、走るということに意欲を持ってもらう。その基本的なことしかやらないですね」と説明する。「小学生でもジュニアに選ばれる選手は、所属チームでは1番か2番の(センスがある)選手。でも、その選手が全部のことができるかというと、できてないと思うんですよね」と、精鋭たちが陥りやすい“盲点”について言及する。

 情報量の溢れる時代となったが、YouTubeに流れるような動画を見ただけでは、「なかなかパフォーマンスが追いつくことはない」と小川監督。「基本が疎かになってしまうので、迷った時に、どうしても自分自身のことが理解できていない。“本来の姿”がないので、やっぱり、迷ってしまいますね」。そんな時、首を傾げるナインの背中をそっと押している。

「だからこそ、基本を大切にということを伝えています。見よう見まねで全部プレーしていると、結果がついてこないので長続きしない。現時点のことだけを考えるのではなくて、先のことを考える指導もしています」

16人いれば16通りの「基本」がある…個々を見抜いて丁寧な指導を

 チームには16人の男女が集う。「1つのチームに集まってくれていますが、基礎能力はみんな違うのでね。個人別の基本があるんです。16人いたら、16通りの基本がある。性格だとか、特徴がある訳です」。個々のキャラクターを見抜き、丁寧な指導を心掛けている。

 打者はヒットを打って喜び、投手であればバッターを打ち取って両手を突き上げる。そんな様子を見て、「楽しいだけではダメなんですよね。悔しさも絶対どこかに生まれるはずなので。それも言っています」と言う。

「だから『楽しく野球をやることってどういうこと?』って聞くようにしているんですよ。上手にプレーできて結果が出たら『楽しかった』で、もちろん良いと思います。ただ、どこかで『悔しかった』ということが出てくるはずなんですよね。勝ち負けから学ぶことがたくさんある。楽しさの中に厳しさもあって、時には残酷なこともあるんだよと伝えていますね」

 酸いも甘いも味わってきた現役生活があるからこそ、指揮官は優しく“現実”を教えることができる。

NPBジュニアの現役監督も参加…無料登録で指導動画が200本以上見放題

 中日ジュニアを2度の日本一に導いた湊川誠隆さん、現巨人ジュニア監督の西村健太朗さんらも参加している野球育成技術向上プログラム「TURNING POINT」(ターニングポイント)では、無料登録だけで200本以上の指導・育成動画が見放題。First-Pitchと連動し、プロが磨き上げた技術や指導者の悩みを解決する最新理論などを紹介しています。

■専門家50人以上が参戦「TURNING POINT」とは?

■TURNING POINTへの無料登録はこちら

https://id.creative2.co.jp/entry

トレンドワード