沖縄からも2人選出…工夫するチームワーク醸成 ホークスJr.監督が取り入れる“遊び”

公開日:2023.12.25

更新日:2023.12.27

文:福谷佑介 / Yusuke Fukutani

XFacebookLineHatena

2度目の頂点狙うホークスJr.…帆足和幸監督は「キャッチボール」を重視

 26日から開催される「NPB12球団ジュニアトーナメント KONAMI CUP 2023」で、福岡ソフトバンクホークスジュニアは2009年以来、2度目の頂点を狙う。指揮を執るのは帆足和幸監督。2019年に監督に就任して5年目。今年のチームは「総合力で勝負」と語る。

「今年は飛び抜けた選手はいません。チーム全員でやらないと勝てないので、スタメンで出ない選手たちがしっかりと準備することも必要。選手たちの“考える力”が大事になると思います」

 6月末から7月末の1か月間、スポーツ量販店が全国で行っていた「ピッチング・スイングスピードコンテスト」を1次選考として活用。これを受験した九州、沖縄、山口在住の小学5年、6年生2445人の中から条件をクリアした選手が2次選考へ。さらに3次選考、最終選考を経て16人の精鋭が決定した。帆足監督は選考のポイントとして「第一はキャッチボール。キャッチボールがちゃんとできている子は、守備もある程度うまい」と挙げる。

 16人の中でも帆足監督が“チームの中心”として期待するのが日野慎大(東ファイターズ)、森耀平(三宅ブレーブス)、山城響(楚辺ボーイズ)という3人の投手だ。帆足監督は「日野くんはキレのある真っ直ぐを投げます。森くんと山城くんはコントロールが良く、速球もいい。この3人が抑えてくれれば」と、期待する。

 打線の中心は東亮佑(南アポロスポーツ少年団)と服部斗葵愛(ときあ、鷹羽ボーイズ)の2人。「東くんは長打力がありつつ、三振が少ない。服部くんは小さいですけど、アジャストが上手。タイプが全然違う2人ですけど、その2人の前にどれだけ出塁するかが鍵だと思います」。帆足監督もクリーンアップにこの2人を据える打順を思い描く。

沖縄からも選手が参加…毎週末に全員が集合することも一苦労

 小学生はどうしても、選手個々の体格によって力の差が生まれてしまう。ジュニアチームの監督になって5年目となる帆足監督も「小学生はどうしても大きい子が有利」という。その中でも「足が速い子は使いやすいですし、どの打順を打たせることもできる。あとはやっぱりキャッチボールですね。バッティングはみんな好きなので」と挙げる。

 九州各県、沖縄、山口から選手が集うホークスジュニア。今年は沖縄から、山城と金城彦輝(げんき、城岳中央ブレーブス)の2人が選ばれている。毎週末に全員が集合することも大変な事情がある中で、毎年苦労するのがチームワークをいかに生み出すかという点だ。

 昨年まではオンラインミーティングを実施するなど、工夫を凝らしてきた。今年はトレーナー陣と協力してウォーミングアップにレクリエーションやゲーム要素を入れたメニューを考えた。「遊びの要素を取り入れて、その中で仲良くなってもらおうと取り組んでいます」。そうして醸成したチームワークが、12月の東京でどう発揮されるか、帆足監督も楽しみにしている。

 決して“スーパー”な選手がいるわけではないが、野球はチームのスポーツ。「日本一になりたいと思っていますし、みんなにもそう話しています」という帆足監督とともに、チームワークを武器にホークスジュニアは日本一を狙う。

NPBジュニアの現役監督も参加…無料登録で指導動画が200本以上見放題

 中日ジュニアを2度の日本一に導いた湊川誠隆さん、現巨人ジュニア監督の西村健太朗さんらも参加している野球育成技術向上プログラム「TURNING POINT」(ターニングポイント)では、無料登録だけで200本以上の指導・育成動画が見放題。First-Pitchと連動し、プロが磨き上げた技術や指導者の悩みを解決する最新理論などを紹介しています。

■専門家50人以上が参戦「TURNING POINT」とは?

■TURNING POINTへの無料登録はこちら

https://id.creative2.co.jp/entry