子どもが野球を辞めずに済むように… 横浜高元主将の取り組みに広がる賛同の輪

2008年の横浜高主将が「日本未来スポーツ振興協会」代表理事として活動

 横浜高校野球部で主将を務め、現在は一般社団法人「日本未来スポーツ振興協会」の代表理事に就く小川健太さんが始めた取り組みは、プロ野球界にも広がっている。家庭環境を理由に野球を諦める子どもたちを1人でも減らそうとする活動で、小川さんのバックグラウンドや思い入れが色濃く反映されている。

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 現役を引退し、改めて野球との出会いに感謝する日々を送っていた。甲子園常連校の横浜で2008年に主将を務めた小川健太さん。当時、1学年下には現在米国でプレーする筒香嘉智(パイレーツ)がいた。高校卒業後は明治大学、九州三菱自動車で野球を続け、2015年にユニホームを脱いだ。そして、昨年6月に一般社団法人「日本未来スポーツ振興協会」を立ち上げた。

「死ぬときに胸を張って何かをやったと言うときに、損得ではなく、仕事ではなく、自分の生い立ちや背景から何かできないかと考えた。やっぱり自分は野球に救われたし、育てられた。野球で何かできないのかなと」

「日本未来スポーツ振興協会」で始めたのが、子どもたちへの野球用具の贈呈だ。「家庭環境で野球を諦める子どもたちを少しでも減らしたい」との思いでスタート。主にひとり親で経済的に恵まれなかったり、児童養護施設で過ごしたりする小学生に無償でグラブやバットを提供している。野球用具を手にした子どもたちの多くは最初、「もらってもいいの?」と戸惑った表情を見せるという。そして、「いいんだよ」と言われると走り出して喜ぶ。小川さんが苦労を忘れる瞬間だ。

 かつて小川さんも、経済的な理由で野球を辞めようとしたことがあった。軟式から硬式へ移るとき、用具は買い替えが必要になる。しかし、女手ひとつで姉と自分を育てる母親に「買ってほしい」となかなか言い出せなかった。何とか手にしたグラブをずっと使い続けた。1年でグラブが新しくなるチームメートをうらやましく思う時期もあったが「技術があれば結果は出せる。用具にこだわらないのを美学にした」と力に変えた。

【次ページ】賛同の輪がプロ野球に広がり、西武が支援