鈴木尚広氏が巨人の“走塁職人”になるまで 「10回走って、10回失敗」した若き日の経験

観察と分析で自分主導の走塁術を身につける

 元巨人の鈴木尚広氏が育成年代へ「失敗のススメ」を説いた。現役生活20年で通算228盗塁を重ねる走塁技術を身につける過程にあった「10回走って、10回も失敗したこと」が成功に繋がったと野球向上プログラム「TURNING POINT」の動画内で細かく心理を解説している。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 高卒でプロ入りしてから、なかなか芽が出ない時期が続いた。ファームでは「走塁で失敗ばかり。自信もなくなっていった」。試合をベンチから見ることも多かったため、鈴木氏が取り組んだのは観察と分析だった。そして自分主導で走れていないことに気がついた。

「完全に受け身の状態で、投手にリズムを取られていました。投手が動かないと、走れない。スタートが遅かったんです。アウトになるべくして、アウトになっていました」

 そこから、投手の動き、クセ、相手によってリードの幅を変える、捕手の構えているコースを見る……といった自身の“チェックポイント”を見つけた。「プロってスピードだけじゃ、無理なんだなと感じさせてくれた“10回の失敗”だったんですよね。今でこそ笑い話ですけどね」。成功の階段を昇るきっかけは、失敗から何を得るかが重要だ。

【動画】盗塁に自信のない子へ送る 元巨人鈴木尚広氏が解説する走塁の準備と心理

PREV

次の記事

NEXT

前の記事