シャドーピッチングでタオルはどう持つ? 鷹の153キロ左腕が大事にする“イメージ”

ソフトバンクの笠谷は人差し指と中指の間にタオルを挟み、直球に似た握り

 投げる練習の代表格であるシャドーピッチング。タオル1つあれば、家でも出来る練習だが、プロ野球選手も様々な意識を持って取り組む大事な練習法だ。12月11日に行われたソフトバンクのオンライン野球教室「ベースボールキッズ」で、笠谷俊介投手がそのシャドーピッチングのコツを子どもたちに伝えた。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 最速153キロを誇る左腕が大事にしているのがシャドーピッチングにおける“イメージ”だ。普段のキャッチボールから、マウンド上で投げる球を意識するという笠谷は、シャドーピッチングでもその考えは同じ。「20メートルをライナーで投げるイメージをしながらシャドーをします」と教えた。

 タオルの持ち方にもこだわりが詰まっている。人差し指と中指に甲側からタオルをかけ、垂れた部分を2本の指の間から上に向けて通す。指がタオルに締められるような形となり、直球の握りのようになる。踏み出す足は開きすぎてもダメ、閉じすぎてもダメ。「真っすぐに(足を)踏み込み、(腕を振った時に、タオルを握っている手が)グッてくるところがリリースポイント」。球を握るときと同じ握りをすることで、ボールを離すタイミングもイメージしやすくなる。

 シャドーピッチングはプロ野球選手も練習に取り入れている大事な練習メニュー。同じ練習でも、何を意識するかによって、長いスパンで見れば、成果には大きな差が出ることも。細かいことかもしれないが、こだわり、目的を持って練習することが、技術向上の第1歩なのではないだろうか。

【次ページ】【実際の動画を見る】シャドー投球でこだわる“タオルの握り方” 鷹・笠谷が実際に解説