「ボールをよく見たらダメ」 元メジャー選手が薦める“見ない練習”が「面白い」

メジャーも経験した川崎宗則、YouTubeで“目の使い方”を紹介

 守備で打球を捕る際、よく指導者は「しっかりボールを見ろ」と説く。もちろん、正確にキャッチすることは最優先。ただ、“見ること”だけに囚われていてはダメだと、百戦錬磨のプロは言う。メジャー経験もある元ソフトバンクの川崎宗則内野手は、敢えて見ずにキャッチする練習も必要だと強調。その教えに「とても面白いです」との声も寄せられている。

【プレミアムプラン「無料体験」実施中】元大リーガーやプロ選手が多数出演! 各分野のプロが動画解説

 自身の公式YouTubeチャンネルで公開している動画の中で、「野球ってスポーツが、何かをしながらやらないといけない」と同時並行的に考えやプレーが求められることを指摘。ゴロを処理する際も走者を意識をしなければならないとした上で「捕りながら何かを考えないといけない。ボールをよく見たらダメなんですよ。よく見たら野球にならないんです」と目の使い方を力説した。

 捕球を疎かにするというわけではなく、差し迫った状況に直面した時に対応できる準備の大切さを紹介。「捕る瞬間に目を外す練習もしないといけない」と提案した。技術力が身についてきた世代には参考になる動画で、コメント欄には「小さい頃から目の使い方を意識してるだけで全然違ってくるのだろうなと色々と考えさせられました」との声もあった。

(First-Pitch編集部)

【実際の映像を見る】「ボールをよく見たらダメなんですよ」川崎宗則が“見ない練習”を解説