試合開始直前にプロ選手は何をする? ロッカーで見せた“緊張との向き合い方”

百戦錬磨のムネリンでも「やっぱり緊張するっすもんね」

 試合開始直前、多くの選手は緊張と向き合うことになる。それはプロ野球選手だって一緒。いかに心を整理して、グラウンドに立てるかが肝心。元ソフトバンクの川崎宗則内野手は、ロッカーで実施するルーティンの一部を見せ、力を発揮するための方法を説いている。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 自身の公式YouTubeチャンネルでは、独立リーグでの試合直前、最後の準備をする様子を公開。川崎は骨盤を矯正する器具を装着し、体のバランスを調整している。「やることは結構決まっている」と言いつつ「試合前は整理整頓したくなる」とも。身の回りを整えることが、そのままメンタルにも繋がるという。

 20代で球界屈指の遊撃手となり、メジャーリーグにも挑戦した百戦錬磨のムネリンでも「やっぱり緊張するっすもんね」と素直な心持ちも紹介。映像でも、引き締まった表情を見せている。プロアマ問わず、どの世代の選手にも参考になる“試合前の過ごし方”に、コメント欄では「プロ野球でやっているベテラン選手がいかに凄いか分かるな」との声も寄せられていた。

【実際の映像】試合開始直前に漂う緊張感…川崎宗則がロッカーで見せた姿