小さな体でも遠くに飛ばすには? 巨人・小笠原コーチの独特“ティー打撃”にヒント

2021.11.26

TwitterFacebookLineHatena

山瀬慎之助捕手は明るく、楽しく猛練習に食らいつく

 巨人の小笠原道大2軍打撃コーチが課した打撃練習に、2年目の山瀬慎之助捕手が悲鳴を上げながら食らいついている。球団が公式Youtubeで公開した“ガッツ流”ティー打撃は、打球を強く、遠くへ飛ばせるようにするのが目的。少年少女にも下半身を鍛える大切さを教えてくれる。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 小笠原コーチは現役時代から何種類ものティー打撃で自身の状態を確認してきた。指導者となってからは、しっかりとバットを振り切って、打球を飛ばすための下半身を作るメニューとして、様々なバリエーションを作って活用している。

 この日山瀬がまず取り組んでいるのは、下半身を落として自重の負荷をかけ、そのまま緩いボールをしっかり待って捉える練習。顔には幾筋もの汗が伝い、同じ態勢をキープするのも難しい状況に、山瀬は「うわ~っ」と悲鳴を上げている。思わず体が持ち上がってしまいそうになると、すかさず小笠原コーチに抑え込まれる。

「下半身が弱いってことは、フラフラ、フラフラするんだよ」というコーチの指摘にも、山瀬は「キツくないです!」「気持ちいいです!」と明るく食らいついていった。キツ~い練習を、来季以降の飛躍につなげていく。

【次ページ】【実際の動画を見る】下半身を苛め抜く“ガッツ流”に思わず悲鳴…汗だくで食らいつく山瀬