腰は「これ以上下げられないくらい下げて」 “ハマの名手”が伝授した守備のイロハ

DeNAのコーチ就任の石井琢朗氏が森敬斗内野手に指導

 DeNAのコーチに就任した石井琢朗氏が、横須賀市内の球団施設「DOCK」で行われている秋季練習で早速、指導に当たっている。直接指導したのは2年目の森敬斗内野手。マンツーマンの守備練習で、名手のワザを伝授した。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 球団公式インスタグラムにアップされた動画内では、石井氏は腰を落として右足1本で立ってから、捕球に入る動作を森に伝授。打球を取る位置、リズムなども動作を交えて教えている。また、自らゴロ捕球も実践。滑らかな足捌き、グラブに打球が吸い込まれる姿は、現役時代と変わらぬ美しさだった。

 森も真剣な表情で話に耳を傾け、試行錯誤を繰り返しながらゴロ捕球を繰り返した。守備の基礎が詰まった練習動画に、ファンからは「石井コーチ勉強になります!」「とてもわかりやすかったです。早速練習してみます!!」とコメントが寄せられた。野球をやっている少年少女は一度参考にしてみてはどうだろうか。

(Full-Count編集部)

【動画】腰の位置は「これ以上下げれらないくらい下げて」“ハマの名手”石井琢朗氏が実践指導