球の握り替えは「ミットの使い方」でミスが減る 元プロ捕手が教える基本動作の“極意”

ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏がお手本

 ボールの握り替えに悩む少年・少女野球の捕手も多いのではないだろうか? 現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、2017年から2年間ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏が動画内で見せたお手本では、ミットの使い方の意識を少し変えることでミスを減らせるという。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 野口氏は、球を捕った直後のミットの動かし方に着目する。ミスを極力減らすには、捕球面を自らに向けてボールを握りにいく流れが最も確実性があると説く。「肩が強く、動作が速くても、握り替えのミスが多くて(盗塁の)阻止率が上がってこない」。同じような動きをしている小中学生らは「今のうちに直した方がいい」と助言した。

 ミットを動かすと、その後の送球動作でも無駄が生まれる。日ごろからミットの動きを反復しながら、体で覚えていくことが必要だという。捕球からスムーズにスローイングに転換できる動きについても動画で紹介。覚えることの多い捕手にとって、参考になるに違いない。

【次ページ】【動画】ミスを減らすのに大切なのは「ミットの使い方」 元プロが教える基本動作の“極意”