「鍛えるところは意識しない方がいい」五十嵐亮太さんが語るトレーニングの“考え方”

五十嵐亮太さんがスクワットで意識するのは「丹田」

 プロ野球選手が、どんなトレーニングをしているのか。野球をしている子どもたちの関心は高く、参考にもなる。タイトルも手にした斉藤和巳さんと五十嵐亮太さんが、元ヤクルト・古田敦也さんの公式YouTubeチャンネル「フルタの方程式」で明かした“極意”は古田さんも驚く内容だった。

◇◇◇◇◇◇◇

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 驚きの言葉が飛び出した。「鍛えるところは意識しない方がいい。例えばスクワットでは下半身を鍛えるが、下半身を意識しない方が体の使い方がうまくいく」。クエスチョンマークが浮かぶ古田さんに説明しているのは、ヤクルトやソフトバンクでプレーし、最優秀救援投手にも輝いた五十嵐亮太さんだ。身長178センチと体が大きくはなかったため「身長がなかった分、体のボリュームが必要でトレーニングをした」と話す。

 まだ大きな負荷をかけないジュニア世代であっても、トレーニングをする時は鍛える部分を意識しているだろう。しかし、五十嵐さんの主張は正反対。鍛える部分を意識しないというのは一体どういう意味なのか。「トレーニングで失敗しがちなのが筋肉を大きくすると、そこを使いたくなること。それはダメ」と解説を続けた。

 例えば下半身を鍛えるスクワットをする時、五十嵐さんが意識するのは「丹田」と呼ばれる場所。へその少し下にあり、気力が集まるとされている。スクワットでは下半身が意識しなくても結果的に鍛えられるので、全ての動きで核となる丹田に集中した方がいいと考えている。

【次ページ】斉藤和巳さん「結果的に鍛えられるというのがミソ」