元楽天・青山浩二さんがジュニア世代に提案 自宅や公園でできるトレーニングとは?

ジャンプを取り入れた練習で瞬発力、俊敏性を養いたい

 楽天の球団記録となる通算625試合に登板した青山浩二さんは、今年から子どもたちに野球を教えるアカデミーコーチとして第2の人生を歩んでいる。First-Pitch編集部では指導者にプラスになる情報を送る「ひきだすヒミツ」を連載。小学3年生で野球を始めて、高校、大学を経てプロで15年。ジュニア世代に取り入れてほしい練習メニューを聞いた。【間淳】

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 昨シーズン限りで現役を引退した青山さんは今、自身の経験や知識を子どもたちに伝えている。園児や小学校低学年の児童には野球の楽しさを知ってもらい、小学校中学年や高学年、中学生には技術を高める喜びも感じてもらえるよう指導している。

 子どもたちのうれしそうな表情や成長を見るのが、青山さんの楽しみの1つ。ただ、スクールに通うのは週1回の子どもが多いため「どうやったらうまく意図が伝わるのか。みんなに話しかけたいのですが、時間の使い方が難しいです」と日々、奮闘している。

 スクールで指導できる時間が限られているため、青山さんは自宅や近所の公園などでできるトレーニングを提案している。まずは、ジャンプを取り入れた練習。ボックスを用意して、その上にジャンプする。最初は低いボックスで、少しずつ高いものに変えていく。こうした練習で瞬発力を鍛える。守備や走塁で大切になる1歩目の動きや俊敏性。さらに、投手ならリリースの瞬間、打者ならインパクトの瞬間に最大限の力を発揮する効果があるという。

【次ページ】インナーマッスルや体幹を強化する「プランク」