プロ15年間で掴んだフォームを伝授 元楽天右腕が考えるボールに力を伝える方法

青山浩二さんは昨季楽天を引退、今季からアカデミーのコーチを務める

 昨シーズン限りで引退するまで先発、中継ぎ、抑えとして15年間、通算625試合に登板した青山浩二さんは現在、現役時代と同じ楽天でアカデミーコーチを務めている。First-Pitch編集部で明日の指導に使えるヒントを届ける「ひきだすヒミツ」を連載中。青山さんが子どもたちに教えている投球フォームは、現役生活を終えるまでに導き出した答えだった。【間淳】

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 青山さんは現役時代、最速151キロのストレートにスライダーやフォークを組み合わせて打者を翻ろうした。指導で重視するポイントは「溜めた力を逃さない」「力をロスなく100%ボールに伝える」という2点。長年、プロで活躍するために導き出したのが、効率良くボールに力を伝える投球フォームだった。主に以下の点を意識するよう指導している。

○軸足一本でしっかりと立つ

 軸足一本でグラグラせずに立てる高さまで、左足を上げる。足を高く上げることが重要なのではなく、体幹を使ってバランスよく真っすぐ立てる高さに左足を上げるのが大切。それにより、軸足の右足に体重がしっかり乗る。

○体重移動

 右足から左足に体重移動する際、頭の位置を動かさない。

○3秒ピタッと止まる

 投げ終わった後に、踏み込んだ足に体重を乗せ、3秒間“ピタッ”と止まる。力が左右に逃げてしまうとバランスを崩して止まれない。止まれるのは体重移動がしっかりできている証拠。ボールに力を伝えられるだけでなく、次の動作にも移りやすいのでライナーやゴロにも反応できる。

【次ページ】「大きな怪我につながらないように、シンプルな投げ方を教えています」