金の卵こそ「自己満足」注意 中日アカデミーから初のプロ生んだ“成長促進法”とは

日本ハムドラフト5位の畔柳亨丞を指導した中日OBの水谷啓昭氏

 今秋のドラフトで日本ハムから5位指名された畔柳亨丞投手(中京大中京)は、中日球団が支援する「ドラゴンズベースボールアカデミー」出身者として初のNPB入りとなった。通っていた中学時代に指導を担当したのは、中日OBの元左腕・水谷啓昭氏。好素材を成長曲線に乗せた転機を振り返る。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 畔柳がアカデミーの岡崎校に所属していたのは、中学2年からの約2年間。初見で好素材だとすぐに分かったが、成長を“足止め”している課題にも気づいた。「力任せに投げてばらつきがあった。今の形のままなら絶対に故障するなと」。いいボールを投げるために、必要なポイントを説くことから始めた。

「自己満足だぞ。そんな投げ方じゃ、生きたボールはいかない」

 全力ではなく、7~8割の力で投げるよう提案。「上体に頼らず、バランスが良くなる。下半身の使い方も分かってくるからね」。スピードガンの数字が“絶対正義”ではない。プロの世界でも、時速150キロ近くの球が面白いように打たれることもあると伝えた。

 約1年をかけ、畔柳は見違えるような球を投げるようになった。右腕自身も「投げていてすごい楽です」と実感していたという。ただ、教えれば誰でも激変するわけではない。「とにかく貪欲でした。練習が終わっても自分でフォームチェックしていましたし、必ず聞きに来ました。自分に対して厳しかった」。素質に上乗せされた意識の高さが、成長を促進させた。

【次ページ】意図を理解した上で練習「上手くいくと達成感も大きい」