子どもたちに「成功体験」を 閉校利活用で野球室内練習場を作った大人たちの覚悟

2021.11.14

TwitterFacebookLineHatena

少年野球の環境整備は大人の使命と責任

 鹿児島県の薩摩川内市に閉校となった小学校を利活用した室内練習場「PLAYSPACE YOZEI」が10月31日に完成し、話題を集めている。野球少年が一度見たら「自分の家の近くにあったらいいのに……」と思えるような場所だ。作り手の思いは、子どもの明るい未来を願う少年野球指導者と同じかもしれない。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 ニコニコして体を動かす姿。ワイワイ練習する姿。野球を楽しむ子どもたちを思い浮かべながら、計画を進めていた。株式会社FRONT-A代表取締役社長の福永幸央さんは、地元に室内練習場をつくる使命と責任を感じていた。

「1人でも多くの子どもたちがバッターボックスに立つ機会をつくりたいと思っていました。地元から甲子園の打席に立つ選手を送り出せたら、うれしいですよね」

 福永さんは薩摩川内市で生まれ育った。小学生の時にソフトボールを始め、高校では硬式野球部に入った。現在小学6年生の息子も、父の背中を追うように3年ほど前からソフトボールを続けている。息子と一緒に体を動かし、息子の成長を見るのが、福永さんの楽しみとなっている。ある日、その息子が少し悲しげに口を開いた。

「雨が降ると練習する場所がないね」

 福永さんは、息子の言葉で高校球児だった約20年前を思い返した。当時も雨が降ると練習できず、校舎の階段を駆け上がったり、廊下や教室で筋力トレーニングをしたりしていた。「あの頃と状況が変わっていないと思いました」。練習したくても場所がない歯がゆい記憶がよみがえった。大人が状況を変えなければいけない。福永さんは、地元で閉校になった小学校の体育館を改修して、室内練習場をつくろうと決意。同時に5か所で打撃練習ができる施設を設計した。

【次ページ】完成した施設に込められる大人たちの覚悟