パパコーチがぶつかる壁 ノックで一番難しい、キャッチャーフライをうまく打つコツは?

2021.11.04

TwitterFacebookLineHatena

初めから誰もうまくは打てません、反復練習が一番のコツです

 First-Pitch編集部では野球に関わる人たちの疑問解決のヒントを届けていきます。「First-Pitchコーチ」と題し、取材に基づいた参考例を紹介します。今回は、パパコーチたちの「キャッチャーフライを打つコツはあるの?打てない場合は手投げでも大丈夫?」という悩みについて。キャッチャーフライを打つコツとできない場合の手投げの活用方法をご紹介します。

◇◇◇◇◇◇◇

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 パパコーチたちがノックを打つ時にぶつかる壁の1つでもあるキャッチャーフライのノック。「どうやったら打てるようになるの?」とよく質問されることも多いですが、結論、ノックを打つ練習をするしかありません。ただ、打ち方を理解して練習すれば、打てるようになる確率が上がるので、その打ち方を説明させていただきます。

 まずは、ボールの上げ方です。通常のノックだと体の横にボールを上げて打つことが多いですが、キャッチャーフライは上を向き、顔の斜め上あたりにボールを上げます。真上過ぎたり、体から離れすぎたところに上げると打つことが難しくなるので、ご自身のベストな位置を探してみてください。

 次に、ボールの打ち方です。先程の上げ方でトスしたボールのノッカーから見えていない面を、バットで下から上に切るようなイメージで打ち上げます。この時、しっかりと上を向いて、体が後ろに反った状態で打つことを意識してください。

 あとは、この形を何度も反復練習することがキャッチャーフライノックを打つために必要なことになります。最初は、空振りばかりだったり上手く打ち上げることができなかったりすると思いますが、誰しも初めから上手く打てることはありません。諦めずに根気強く取り組んでみてください。

【次ページ】上手に打てない場合は手投げでもOK!