「スポーツマンシップ」って何だろう? 少年少女が知るべき“プレーする真の目的”

東京五輪で改めて注目された考え方…野球でも大切なこと

 日本スポーツマンシップ協会という団体をご存じだろうか。今夏のオリンピック、パラリンピックで改めて注目された「スポーツマンシップ」を日本に広めていこうとする団体だ。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 中村聡宏会長を中心に「いいゲームを作ろうとする心構え」こそがスポーツマンシップだと定義し、これを野球をプレーする少年少女に必要な考え方として、広めようとしている。

 7月に行われたポニーリーグ(中学硬式野球)の全日本選手権、開会式で中村会長は、選手たちに3つのお願いをした。

1、チームメートや対戦相手を大切にすること
2、勇気をもってチャレンジすること
3、最後まで諦めず、全力でプレーすること

 言い換えれば「尊重・勇気・覚悟」だ。なんとなく「いい行い」だとイメージできるものの、解釈のあいまいな“スポーツマンシップ”について中村会長は「スポーツをやっている意義を考えれば、スポーツマンシップに行き着きます。道を進む過程で、いろいろな学びがあることこそ、スポーツをする目的なのです」と説明する。勝利は目的ではなく、手段だ。勝つことが第一という考え方では、得られないものがあるという。

【次ページ】全力を尽くしても勝てないことはある…その時に何を得られるのか