NPB開催の女子小学生“ビッグイベント” 10年目は「47都道府県の参加を実現したい」

NPBガールズトーナメントも12球団Jr.と並び小学生の一大イベントに

 阪神や西武といったプロ野球球団が運営する女子クラブチームが誕生し、今夏は初めて女子高校野球の決勝戦が甲子園で開催された。小学生に目を向けると、NPB(一般社団法人日本野球機構)などが主催する女子小学生チームの全国大会に今年は39チームが参加した。スタートから10年となる来年の大会には47都道府県からの参加が目標に掲げられているなど、女子の野球環境にも変化が見られる。

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 8月5日まで6日間に渡って頂点を争った「NPBガールズトーナメント」は、栃木代表の栃木スーパーガールズの優勝で幕を閉じた。NPBと公益財団法人全日本軟式野球連盟が主催するこの大会は、2013年に始まった。最大の特徴は、参加する小学生チームのメンバーが「女子だけ」というところだ。

 小学生で野球をしている女子の多くは、男子と同じチームでプレーしている。試合に出場できる機会が少ないことから、練習の成果を発揮する場をつくり、さらには女子野球の裾野を広げる目的で、女子選手のための大会をスタートさせた。

 昨年は新型コロナウイルス感染拡大により中止。今年は感染症対策を講じた上で2年ぶりに開催された。NPB関係者は大会を重ね、女子野球への関心が高まっていると実感。来年で10年を迎える大会に向け、新たな目標を掲げている。

「1つの節目として、47都道府県すべてからチームの参加を実現できるよう、参加したいと思ってもらえるような魅力ある大会にすべく、取り組んでいきたいと考えています」

【次ページ】夏と冬に小学生の“ビッグイベント”を開催できる喜びと期待