最速114キロ、天才女子小学生を育てた父の奮闘「1球受ければ調子がわかる」

2021.10.06

TwitterFacebookLineHatena

濱嶋葵さんの父・翼さん「今頑張っていることを応援したい」

 小学6年生にして最速114キロを誇る濱嶋葵さんは、年末の「NPB12球団ジュニアトーナメント2021」に出場するジャイアンツジュニアに女子で史上初めて選出された逸材だ。ダイナミックなフォームから、ノビのある直球を投げ込む姿は周囲を圧倒する。天才少女はいかにして成長を遂げてきたのか。そこには父・翼さんとの親子二人三脚による練習漬けの日々があった。【川村虎大】

「1球受ければ、やる気があるのかないのか、調子がすぐにわかりますね」と、自信に満ちた口調で翼さんは話す。4歳の頃から葵さんのボールを受け始め、1年生で地元の軟式野球チームに入り本格的に野球を始めた後も、平日は近所の公園で練習する日々を過ごしている。定期的に夜勤のある仕事で多忙なため、練習は夜勤の前後や休みの日だけ。取材した日も、夜勤明けで睡眠時間はわずか1時間だった。

 翼さん自身に、部活動に所属した経験はない。小学3年生の頃、転校と同時に所属していた少年野球チームを辞め、中学、高校では野球部に入らなかった。それでも、好きな気持ちは変わらない。18歳頃に草野球を始めると、一時は4チームを掛け持ちするなど“野球漬け”の日々を送った。そんな父の姿を見て、葵さんも自然と野球に興味を持つようになった。

 葵さんが1年生でチームに入った時、最初に課したのは「6年間やり続けること」だった。その目標が大きく発展したのは、「女子プロ野球選手になりたい」という一言だ。

 女子プロ野球は現在、事実上の解散状態にある。それでも「プロを目指す」と愛娘が口にした以上、応援するのが親の役目だと感じた。「先が見えないというのはありますけど、とりあえず今、葵が頑張っていることを応援したいというのがありますね」。葵さんに「やるからには人の2倍、3倍以上練習しないといけないよ」と言い聞かせ、厳しい練習をスタートさせた。

【次ページ】体験練習で感じた中学生との差、下半身の強化に着手