全国大会でもリーグ戦方式を採用 ポニーが唱える「野球は試合に出て覚えよう」

2021.09.23

TwitterFacebookLineHatena

3月開催「全日本選抜中学硬式野球大会」では筑後リバーズが優勝

 日本ポニーベースボール協会(ポニーリーグ)が主催する中学2~3年生の全国大会「日本旅行カップ 第5回 全日本選抜中学硬式野球大会」が3月27~29日、沖縄県で開催された。独自の投球限度など子どもの健康を第一に考えた施策や「野球は試合に出て覚えよう」というポニーリーグの理念が随所に反映された大会となった。(2021年4月4日、Full-Count掲載)

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 昨年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、全国規模の大会は軒並み中止となった。その中でも実施できた大会の経験を生かし、今大会は全選手、スタッフに抗原検査を義務付けるなど万全な対策の下で開催。全国から集まった15チームは3日間にわたり、予選ブロック、準決勝ブロック、交流戦ブロックのリーグ戦で懸命に白球を追い、決勝戦は筑後リバーズが優勝を飾り、幕を閉じた。

 今大会で特徴的だったのが、開催形式だ。一発勝負のトーナメント方式ではなく、負けても戦うチャンスが訪れるリーグ戦方式を採用。準決勝ブロックに勝ち進めなかったチームにも交流戦ブロックを用意し、予選ブロックでの成績に関わらず、全チームが少なくとも4試合を戦える工夫がなされた。

 リーグ戦方式の採用は、ポニーリーグの「野球は試合に出て覚えよう」という理念が反映されたもの。出場機会を重要視するポニーリーグでは、地方大会も含め、多くの大会でリーグ戦方式を採用している。トーナメント方式では勝利が優先され、指導者の采配に偏りが生まれてしまうため、大会を主催するポニーリーグがリーグ戦方式を採り入れ、舞台を整えた。その結果、今大会でも全ての登録選手に出場機会が与えられたという。

【次ページ】障害予防の取り組みに成果、肩・肘検診では新規故障は発見されず