巨人がジャイアンツJr.16人発表、史上初の女子選手誕生 最速114キロ右腕の濱嶋葵さん

2021.09.16

TwitterFacebookLineHatena

「NPB12球団ジュニアトーナメント2021」は12月28日から明治神宮野球場と横浜スタジアムで開催

 巨人は10日、12月28日から明治神宮野球場と横浜スタジアムで開催される小学生の軟式野球大会「NPB12球団ジュニアトーナメント2021」に出場するジャイアンツジュニア16人を発表した。(2021年9月10日、Full-Count掲載)

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 選手選考会は調布市民西町少年野球場などで3日間にわたって行われ、東京都内及び川崎市内を中心に総勢153人の選手が参加、16人の精鋭されたメンバーが頂点を狙う。

 ジャイアンツジュニア史上初の女性選手も誕生した。荻窪ビクトリー所属の濱嶋葵投手。最速114キロの直球が武器の右投右打で杉並女子学童選抜にも選出されている。

 監督は球団OBでジャイアンツアカデミーコーチの西村健太朗氏、コーチは同じく辻東倫氏、北之園隆生氏が務める。

【次ページ】【動画】史上初の女子選手は最速114キロ右腕 スーパー小学生・濱嶋葵さんの男子顔負けの投打映像