ある家族では3年間総額で私立が450万円、公立が90万円だった

 私立高校は特待生に対して授業料や施設設備費などを減額するケースがある。次に、野球部に入った場合にかかる費用を比較する。私立は寮に入る生徒も多い。

○私立高校
入寮費 4万円
寮費(朝夕2食付き) 月々5万8000円
土日昼食費 月々2万1000円
保護者会費 年間1万3000円

○公立高校
部費 月々3000円
保護者会費 月々5000円

 この他、入学時には教科書や運動着、野球部のユニホームやジャンパーなどが必要で、私立高校では20万円、公立高校では10万円ほどかかる。費用の総額は3年間で私立が約450万円、公立が約90万円と5倍の差があるという。

 私立高校の野球部は専用グラウンドや室内練習場といった設備が充実しているなど、費用負担が大きい分のメリットがある。子どもの成長は早い。少年野球の保護者にとっても、高校の進路選びは決して遠い将来の話ではない。