3兄弟で“甲子園球児”…唯一プロ入り遂げた資質 量がズバ抜け「テレビ壊した」

文:間淳 / Jun Aida

XFacebookLineHatena

楽天・黒川の父・洋行さんの目標設定…3兄弟を育てた“野球だらけ”の日常生活

 息子を甲子園球児に育てた父親には、共通点があった。野球育成技術向上プログラム「TURNING POINT」のオンラインイベントが13日開催され、楽天・黒川史陽内野手の父・洋行さんと滋賀・多賀少年野球クラブの辻正人監督が対談。息子が“野球に没頭する”子育てを明かした。

「高校野球で活躍するために大人がすべきこと」をテーマとしたイベントには、少年野球の指導者や保護者らがオンラインで参加した。黒川さんは選手として大阪・上宮で選抜優勝。3人の息子は、長男が日南学園(宮崎)で春夏連続甲子園出場、次男の史陽さんが智弁和歌山で5季連続甲子園に出場、三男は星稜(石川)で選抜切符をつかんだが、新型コロナウイルス感染拡大によって大会中止となった。

 黒川さんは、息子3人を甲子園でプレーさせたい思いで子育てをしていた。子どもたちが物心つく前から、自宅では自身が甲子園でプレーした時のビデオや野球中継を流し、リビングの手に届くところにはグラブ、ボール、バットを置いていた。高校野球で活躍するには、幼い頃から目標を明確に持つことが重要だと考えたからだ。

「息子たちが小さい時に甲子園にも連れて行って、甲子園出場は遠い目標ではないと認識させました。この場所でプレーしたい、目標は近くにあると思うことが大事です」

 3兄弟の中でも、智弁和歌山から楽天に入団した史陽さんは、特に目標への意識を強く持っていたという。練習量も、長男や三男と比べてズバ抜けていた。「もう家に帰ってきなさいと言うくらい、自分で練習していました。帰宅したら新聞紙を丸めて打撃練習をして、テレビを壊したこともあります。『甲子園に行きたい』『プロに行けたらいいな』という気持ちだけでは、目標は実現しません。次男は、自分がプロ野球選手になることを疑っていませんでした」と振り返る。

息子2人が甲子園出場…多賀少年野球クラブ・辻監督は「部屋中にボール」

 また、息子たちが弱気になった時には「黒川家はチャンスに強いから絶対に大丈夫」といった暗示をかけ続けた。すると、不思議とサヨナラ安打が生まれるなど好結果につながった。黒川さんは「常に言葉にしていると実現します」と力を込める。

 2人の息子がともに甲子園に出場している辻監督も、黒川さんの話にうなずいた。自宅では常に野球アニメのビデオを流し、部屋中をボールだらけにしていたという。

 目標に向かって人一倍努力する野球少年を育てるには、「小学生でチームに入る前の段階で、子どもから『野球をやりたい』と言わせることが鍵になると思います」と話す。選手が高校まで野球を続け、さらに活躍するには、保護者の接し方が大切になる。

3人の“甲子園球児”を育てた黒川洋行さんも“参戦決定”!

 First-Pitchと野球育成技術向上プログラム「TURNING POINT」では、4月1日(月)から5夜連続(午後8時から)で、オンラインイベント「甲子園予備校」を開催します。甲子園出場経験のある監督、選手と保護者がYouTubeライブに登場。指導方法や練習方法、日頃の生活習慣など、自身の経験を基に、夢や目標を叶えるための対策や準備についてヒントを授けます。参加費は無料。詳細は以下のページまで。

【甲子園予備校・詳細】

【参加はTURNING POINTの無料登録から】

https://id.creative2.co.jp/entry

トレンドワード