有望小学生の心つかむ大谷翔平の“さりげなさ” 二刀流に止まらない「意外な」影響力

文:宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki

XFacebookLineHatena

「NPB12球団ジュニアトーナメント」で選手たちが語った大谷の魅力

 ドジャースと10年総額7億ドル(約1015億円)に上る大型契約を結んだ大谷翔平投手に、憧れない野球少年はいない。だが、大谷が子どもたちのハートを射止める理由は、投打にわたる驚異的な成績だけではなく、ましてや金額的な価値ではないだようだ。

 昨年末に全国選りすぐりの小学5、6年生が覇を競った「NPB12球団ジュニアトーナメントKONAMI CUP 2023」(2023年12月26日〜28日)。各試合後、活躍した選手たちに話を聞いていると、当然ながら9割以上が憧れの選手に「大谷翔平選手」を挙げた。「自分もできる限り二刀流でやっていきたい」との声も増えた。一方、「大谷のどこに憧れるのか?」と聞いた際、「ごみ拾い」「あいさつ」と答える子どもが目立ったのは、少し意外だった。

 大会2日目にソロ本塁打を放った東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアの金原跳主将は、「野球もですが、普段からごみを拾うなど、私生活が素晴らしいので、見習いたいです」と語った。大会出場選手中最も小柄な身長135センチ、体重31キロで奮闘した北海道日本ハムファイターズジュニア・福田愛斗外野手は「ごみ拾いとか、あいさつとか、人間性がいいところに憧れます」と強調した。

 大谷は昨年、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)優勝の原動力となり、大会MVPにも輝いた。レギュラーシーズンでも2度目のア・リーグMVPを獲得し、野球選手として空前絶後とも言える活躍を演じた。

 同時に、記事やSNSで数多く取り上げられたのは、イニング間や四球を選んで一塁へ歩いていく際、グラウンド上のごみを拾い、さりげなくユニホームのポケットに入れるシーン。同時に、投手としてマウンドに上がる際、球審と塁審1人1人を米国式に指差した後、帽子のつばを触ってあいさつし、打席に入る時には球審や相手捕手、塁上でも相手野手に笑顔で声をかける姿が、高く評価されていた。

侍Jの井端監督が語った“グラブ6万個”の意義

 学校や家庭での教育の結果でもあるのだろうが、大谷のそういう面に着目する子どもが増えている模様だ。大谷は29歳の若さで、野球選手として記録や記憶に残るだけでなく、米国で言えばベーブ・ルース氏、日本で言えば王貞治氏のように、人柄や私生活のエピソードが手本にされる“伝記レベル”の選手になりつつあるのかもしれない。

 そういう大谷だからこそ、日本国内の全小学校約2万校へ3個ずつ、計約6万個のグラブを贈呈した意義も大きい。侍ジャパンの井端弘和監督が「親にとって、野球をやったことのない子どもに(継続できるかどうかわからない段階で)グラブを買い与えるのは厳しい部分がある。学校にあって触れることができるのは、“入口”としてすごくありがたい」と評している通りだろう。

NPBジュニアの現役監督も参加…無料登録で指導動画が200本以上見放題

 巨人ジュニア監督の西村健太朗さん、日本ハムジュニア監督の須永英輝さん、中日ジュニアを2度の日本一に導いた湊川誠隆さんらも参加している野球育成技術向上プログラム「TURNING POINT」(ターニングポイント)では、無料登録だけで200本以上の指導・育成動画が見放題。First-Pitchと連動し、プロが磨き上げた技術や指導者の悩みを解決する最新理論などを紹介しています。

■専門家50人以上が参戦「TURNING POINT」とは?

■TURNING POINTへの無料登録はこちら

https://id.creative2.co.jp/entry