「メンタル弱い」は逆効果…声掛けも工夫が必要

 また、選手に対する指導者や保護者の言葉も注意が必要だという。「メンタルが弱い」と言われた選手は、自分自身を「メンタルが弱い選手」と思い込んでしまい、力を発揮できなくなる可能性がある。辻監督は選手に「ツーストライクから強いよな~」「ツーアウト三塁から打つよな~」などと声をかけている。

 学童野球や硬式クラブチームで20年間指導し、現在は野球講演家として活動する年中夢球さんも、メンタルの前に土台となる技術が必要と強調する。技術のなさをメンタルの問題にして、言い訳する選手や保護者を見てきた。試合で結果を残せない選手は「結果を考え過ぎている」「練習と試合が1本でつながっていない」と指摘する。

 年中夢球さんは「試合は練習の延長線。練習を楽しくやっていて、試合は普段とは違って気合いを入れてやろうとすれば、特別な感情になるので過度に緊張してしまいます」と話す。メンタルの強さや弱さを考える前に、練習の意識や身に付けるべき技術を見直すほうが、試合で活躍する近道になる。

トレンドワード