少年野球のスパイクの選び方は何を基準に? 専門店の店長が提案する2つのポイントとは

公開日:2022.02.03

更新日:2023.12.26

XFacebookLineHatena

きちんと結べるなら「紐のスパイクの方が良い」

 野球は他のスポーツと比べて揃えるべき用具が多い。種類も豊富で、少年野球を始める親子は戸惑ってしまうだろう。スパイクも各メーカーがいくつもの種類を発売し、どれが自分に適しているのか判断が難しい。野球少年少女の悩みに毎日応えている野球用品専門店「ベースマン」立川の店長は、スパイク選びで2つのポイントを挙げている。

 おしゃれは足元からというが、少年野球もけがを防ぐためにスパイク選びは大切だ。野球用品専門店「ベースマン」立川店の星徹弥店長は「紐を結べるかどうか」を最初のポイントに挙げた。

 少年野球のスパイクには、紐とマジックテープの2種類がある。星店長は「足が固定されるので、きちんと結べるなら紐のスパイクの方が良い」と話す。ただ、小学校低学年の児童の大半はきつく紐を結べないため、多くのメーカーは23センチまでマジックテープのスパイクを発売している。

 マジックテープのメリットは履きやすさと脱ぎやすさにある。ただ、紐のスパイクに変えても脱着の簡便さを優先する子どもがいるという。星店長は「時々、スパイクの紐を結んだ状態で足を入れている子どもを見かけます。野球だけに限りませんが、履きやすさや脱ぎやすさで競技用の靴を選ぶのは危険です。靴の中で足がぶれると、けがにつながる恐れがあります」と注意を促す。

【次ページ】素材はエナメルと人工皮革の2種類、それぞれのメリットは?