速読は「野球のトレーニングにもなる」 東大野球部前監督が勧める理由とは

動体視力は「違いなく野球の技術とリンクしています」

 2013年から2019年まで東大野球部の監督を務めた浜田一志氏は、部活と勉強の両立を目指す学習塾「Ai西武学院」の塾長も務める。少年野球指導のヒントになる考え方を紹介するFirst-Pitchの企画「ひきだすヒミツ」は浜田氏の連載第5回として、東大野球部で取り入れているトレーニング法について聞いた。プロ野球に進んだ宮台康平投手(ヤクルト)も生んだ“文武両道最高峰”の野球部では、部員の豊富な知識がトレーニングに活かされている。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

◇◇◇◇◇◇◇

 野球では、身体の強さでプレーしている選手と、眼の良さでプレーしている選手がいます。東大野球部は圧倒的に眼の良さでプレーしている選手が多いです。

 選手の動体視力を測ったこともあります。信号機が赤から青になったらバットを振るというルールで、始動までの反応時間と、始動してからのスイングスピードを測定したんです。そうしたらスイングスピードと比較して、始動までの反応時間がすごく速い。動体視力が良いんですね。

 動体視力は間違いなく野球の技術とリンクしています。そうでなければ高校時代に120キロでプレーしていた子たちが、東京六大学の140~150キロの球速にすぐ対応できるようにはならないですよ。

 さらに、眼のトレーニングも取り入れていました。顔を動かさずに、両手の人差し指の先を眼だけで追う。これで眼の筋肉や動体視力が鍛えられるんです。試合前、練習前、フリーバッティングの直前などに左右10回、上下10回を交互に4セット、合計40回やっていました。

 東大野球部員がなぜ動体視力が良いのか考えたんですが、東大生は本をたくさん読んできて、読むのも速い。字をパッと捉える能力が鍛えられてるんじゃないかなと思うんです。あくまで仮説ですが、速読は勉強しながら、野球のトレーニングにもなる。文武両道を目指すなら手軽にできますし、お勧めしたいですね。

【次ページ】監督在任中に言い続けた「勝ちたければ、飯を食え」