「甲子園出場」と「東大合格」を果たした球児の“共通点”は? 野球部前監督の分析

甲子園出場を経験した東大野球部員2人には共通点があるという

 2013年から2019年まで東大野球部監督を務め、プロ野球に進んだ宮台康平投手(ヤクルト)も指導した浜田一志氏には、部活と勉強の両立を目指す学習塾「Ai西武学院」の塾長という顔もある。少年野球指導のヒントとなる考え方を紹介するFirst-Pitchの企画「ひきだすヒミツ」では、浜田氏の連載第4回として甲子園出場経験のある東大野球部員に見られる“共通点”を聞いた。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

◇◇◇◇◇◇◇

 東大野球部100余年の歴史の中で、甲子園出場経験者は24人います。だからだいたい4年に1人くらいは入ってくるんです。現在も静岡と東筑(福岡)出身の甲子園経験者が2人在籍していますが、彼らの出身高校に共通するのはスポーツ推薦枠、学校裁量性などの生徒と、一般受験の生徒が同じクラスで勉強しているということです。2人はともに一般受験で高校に入学しています。

 甲子園に出て、東大にも合格するには、そういう環境であることは必須の条件といえるでしょう。人間というのはある程度自分にレッテルを貼るので、開成に入った子は自分が甲子園に行けると思っていないし、偏差値30の高校に入ったら東大なんて「無理だ」と思ってしまいます。

 一方で同じクラスに甲子園を目指す生徒と、東大を目指す生徒が一緒にいると、お互いのレッテルを剥がしあう。「勉強組」が「野球組」に交じってレギュラーになっちゃったり、「野球組」の学力が急に上がったりすると、自分もやればできるんじゃないかと思うようになるんですね。

 あと「野球組」が「勉強組」に野球を教えたり、「勉強組」が「野球組」に勉強を教えたりして双方がレベルアップするという相乗効果も期待できる。人に教えることで、自分が成長するというのもありますし、お互いに教えあう環境というのはすごく大事ですよね。

【次ページ】東大野球部は2014年から沖縄で合宿を実施している