尽きない野球ママの悩み スコア記入やアナウンス、どうやったら上手にできますか?

目指すは甲子園独特のイントネーション

 少年野球の試合中、保護者の役割としてスコアの記入や場内アナウンスを任される母親もいる。不慣れな仕事に対し、どう向き合うべき? 息子2人が首都圏の野球チームでプレーしてきた“等身大の野球ママ”玲奈さんが、自らの経験から親の悩みや問題解決のヒントを探る連載「野球ママのReality」の第5回。実際にやってみると思ったよりも楽しく、技術を磨くようになったという。

◇◇◇◇◇◇◇

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 少年野球では、「スコア付け」がお母さんたちの役割になっているチームがあります。勉強会が開かれて、スコアの付け方を教わります。スコアは過去の試合を振り返るにはとても良いですが、野球のルールがよく分からない、野球にあまり興味がないお母さんには、とてつもない苦痛だと思います。

 お母さんの担当には、試合の場内アナウンスもありますが、この時にもスコアを付けられないと困ります。野球を知らないと、打順が1~9番まであって、守備番号も1~9まであるので、守備変更でピッチャーからショート入る時に「1が6に変更」と言われても混乱してしまいます。1~9が2種類ある意味が分からないんです。守備番号と背番号も同じとは限らないので、せっかく声がきれいなのに、アナウンスはあきらめると言っているお母さんもいます。

 私はアナウンスをやってみたら意外と好きで、うまい人に教わっています。ルールを理解するとすっきりしますし、シート変更や選手変更のアナウンスがうまくいくと気持ちいいんです。ただ、苦手なお母さんには大きな負担になるので、強要するのは辞めた方が良いと思います。

【次ページ】試合会場に行って、応援だけに集中できるお母さんはいない