学童野球コーチの苦悩 レッド吉田が考える「強いチーム」と「弱いチーム」の差とは

選手を集めた時に注意する方が「自分が悪い」とわかることもある

 甲子園出場経験を持つお笑いコンビ「TIM」のレッド吉田さんは、プロ野球選手を目指す小学5年生の三男・運(めぐる)くんとともに歩んでいる。連載「レッド吉田の“巡る”野球界」。第5回のテーマは運くんがプレーする学童野球チームでコーチを務めて実感していること。パパコーチも大変なんです。

◇◇◇◇◇◇◇

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 僕は今、小学5年生の息子が所属する学童野球のチームでコーチをしています。半年以上が経ちましたが、子どもに教えるのは本当に難しい。ある程度、動きが分かっている子どもばかりではないので、何から教えたらいいのだろうと戸惑うこともあります。

 コーチをしようと思った理由は、息子をプロ野球選手にするために深く関わりたいと思ったからです。当然、息子に対してもチームに対しても熱くなりますが、監督ではないので、俯瞰して見ることもできています。

 強いチームと弱いチームの差も分かってきました。弱いチームはメリハリがありません。親が協力的なチームは強い傾向にあります。練習や試合を積極的にサポートする親は子どもに「きょうの練習中、何で怒られたか理解できた?」というように自宅で復習ができるからです。親が責任を持っているチームの方が強くなると感じています。

 子どもへの叱り方も重要だと思います。例えば、全体練習中にダラダラしている子どもがいた場合、1対1より、みんなを集めた時に注意する方が効果はあると考えています。全体の中で叱られると「みんなは、ちゃんとやっている。自分が悪い」と分かるみたいです。

【次ページ】自分の子どもが「本来進むべき方向から外れないように心掛けています」