東大、秋季L開幕戦で春王者・明大に引き分け 積極姿勢…ダブルスチールで加点

公開日:2022.09.10

更新日:2023.12.26

文:上野明洸 / Akihiro Ueno

XFacebookLineHatena

東京六大学秋季リーグが開幕

 東大は10日、神宮球場で行われた東京六大学野球秋季リーグ戦の開幕戦で、明大に3-3で引き分けた。足を絡めて一時勝ち越す場面もあり、春季リーグの王者を翻弄した。

 東大は1-2と1点ビハインドの3回2死一、三塁から、ダブルスチールを敢行。捕手の二塁送球が逸れて同点に追いつくと、その直後、阿久津怜生外野手(4年)、中井徹哉内野手(4年)の連続適時二塁打で勝ち越した。しかし5回に追いつかれ、その後は無得点に終わった。

 先発はプロ志望届も提出している井澤駿介投手(4年)。6回1/3を投げ、7安打3失点と試合を作った。7回に1死一塁の場面で降板したが、リリーフした左腕の鈴木健投手(4年)が後続を退けた。9回は松岡由機投手(3年)が無失点に抑えた。

トレンドワード