発汗量が多い時はスポーツドリンクを 少年野球で水やお茶よりも“おすすめ”のワケ

炎天下では水分に加えて塩分と糖分が必要

 少年野球の指導者や保護者の中には、子どもたちの飲み物について考える人も多いのではないだろうか。プロ野球チームなどにも指導の経験がある日本体育大学教員でスポーツ栄養士の安達瑞保さんは注意点はあるものの、スポーツドリンクを水やお茶より推奨したい場面があるという。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

Q:今の少年野球は10年、20年前と違い、試合中や練習中の水分補給が推奨されています。どんなタイミングで水分補給するのが効果的なのでしょうか?

「練習中に汗で失っている水分量と、摂取する水分量をほぼ同じにするのが理想です。実は、喉が渇いたと感じる時には、すでに脱水が始まっています。1度にたくさん飲んでも喉の渇きは癒えないので、15~20分間に1回など、こまめに飲むようにしてください」

Q:野球の練習中や試合に摂取する水分は水やお茶が一般的ですが、スポーツドリンクは賛否両論を耳にします。安達さんは、どのようにお考えですか?

「食育が普及して、スポーツドリンクは甘いので摂りすぎると肥満につながったり、虫歯になったりすると指摘される場合があります。ただ、練習環境によってはスポーツドリンクの方が安全にスポーツをするために理想的な時があります」

Q:スポーツドリンクが理想的なタイミングは、いつですか?

「練習時間が長く、エネルギー消費量が多い時や気温や湿度がものすごく高く、発汗量が多い時です。適度な糖分や塩分が含まれているスポーツドリンクは、水やお茶よりも水分の吸収効率が高くなります。大量の汗によって、ナトリウムを失った時、摂取するのが水やお茶だけになってしまうと、血液中のナトリウム濃度が低下する場合があります」

【次のページ】スポーツドリンクを飲むことで虫歯のリスクはある?