試合前や試合後は何を摂るべき? 専門家が勧める効果的な“補食メニュー”

試合前はおにぎり、パン、バナナなど糖質が豊富な食材を

 パフォーマンスアップや怪我の予防につながる食事。1日3回の食事に加えて、体づくりやエネルギー補給で大切になるのが練習や試合の前後に食べる「補食」だ。多くのプロスポーツ選手をサポートしている公認スポーツ栄養士・酒井美緒さんによる連載「成長メシのすすめ」第3回のテーマは「補食」。酒井さんのお勧めは。

◇◇◇◇◇◇◇

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 これまでの連載でバランスの良い食事や、体を大きくするための食事についてお話してきました。1日3回の食事の他に、体づくりで習慣づけていただきたいのが、練習前と練習後の「補食」です。

 練習前や試合前は、体を激しく動かしてエネルギーがなくなることが予想されるので糖質が豊富に含まれているものを摂取してください。練習後や試合後はエネルギーがなくなっていることに加えて、筋肉もダメージを受けていると考えられるので、糖質とタンパク質を一緒に取ることが重要になります。

 アスリートと話をしていると、食事や補食に対して意識の高い選手と、そうではない選手がいますが、運動前後の栄養補給は実際、体にすごく影響していきます。特に運動後は糖質とタンパク質、どちらか一方だけでは体力や筋力の戻りが遅くなります。エネルギー回復、筋力回復のためにも糖質とタンパク質は一緒に取るよう心掛けてください。

 練習前や試合前にお勧めするのはおにぎり、パン、100%のオレンジジュースやバナナ等の消化吸収の良い糖質が豊富な食材です。菓子パンなどは糖質に加えて脂質も豊富な食材が多いので、あまり適していません。消化吸収の観点から胃腸に負担をかけないように、糖質が多く、脂質が少ないものを選ぶと良いです。

【次ページ】試合後は糖質とタンパク質を一緒に、和菓子はあんこがタンパク質源に