野球歴1年で神宮球場で本塁打、4時間かけ練習へ…見出された楽天Jr.の“逸材”

新潟・妙高市から片道4時間かけて仙台市まで練習に参加

 身長171センチ、体重68キロの体躯。東北楽天イーグルスジュニアの内記梨央(ないき・りお)くんが放った打球は、とても小学6年生とは思えなかった。28日から神宮球場と横浜スタジアムで行われている小学生の軟式野球大会「NPB12球団ジュニアトーナメント KONAMI CUP 2021」。2試合で5打数2安打、1本塁打、3打点の活躍を見せたが、実は野球を始めてまだ1年と少しだという。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 29日に神宮球場で行われた予選2試合目。相手は3連覇を狙う王者・東京ヤクルトスワローズジュニアだった。序盤は得点を奪えず、0-2と劣勢の展開だった。

 反撃のチャンスは4回に訪れた。相手の暴投などで同点に追いつき、なおも1死二、三塁。打席に入った内記くんは「自分が決めてやろうと思いました」と、内角をうまくさばいて左前へ。2点適時打で逆転し、これが決勝点になった。

 新潟・妙高市出身。小学4年生からソフトボールをはじめ、野球を始めたのは5年生になってから。イーグルスジュニアのセレクションも当初は受ける予定はなく、決して“野球エリート”ではない。

【次ページ】6月の県大会で大廣監督が一目ぼれ、セレクションを受けないかと提案した