“おまけ”にスパイク、衝撃の「グラブの壁」 対面販売にこだわる野球専門店の魅力

公開日:2023.02.10

更新日:2023.12.26

文:橋本健吾 / Kengo Hashimoto

XFacebookLineHatena

兵庫・尼崎市の「ミチイスポーツ」…入店して目に飛び込んでくる“グラブの壁”

 ネット販売を行わず、店舗に溢れんばかりの野球ギアを揃える専門店が兵庫・尼崎に存在する。時代と逆行する営業形態で人気を集めているのが、西日本最大級の野球専門店「ミチイスポーツ」だ。グラブを購入すると最大でスパイクの“おまけ”がつくなど、常識を超えたサービスを展開する人気店に迫った。

 店内に入り目に飛び込んでくるのが“グラブの壁”。ミズノ、ゼット、ローリングス、SSK、スラッガーら有名どころから、米国の4×4(フォーティーフォー)などほぼ全てのメーカーを取り扱っている。型付けサンプルも豊富に揃えており、自ら手に取ってお気に入りのグラブを購入できる。

 インターネットなどでの販売は一切せず、約1000の在庫を抱える。同店の道井義之社長は「まずはお客さんに楽しんでもらいたい。グラブは決して安くなく高価なもの。見て、触って、はめて、自分に合ったものを選んでほしい」と、その理由を語る。

 同じメーカー、種類のグラブでも革の状態などで全く同じものは作れないという。型付けサンプルを何十種類も置く理由についても「イメージだけではどのようなグラブに仕上がるか分からない。少しでも参考にしてほしいからです」と、グラブ選びに失敗してほしくない思いを強く持っている。

【次ページ】グラブを購入するとスパイクが“特典”でついてくることも

トレンドワード