グラブとボールも運べるバットケース? 便利グッズ考案は野球少年のパパ社員

2021.09.12

TwitterFacebookLineHatena

担当者「これ1つあれば遊びに行けるので便利」と自信の商品

 バットやグラブにボール、さらには水筒。野球の練習をしようと近所の空き地や公園へ行くにも、意外と荷物は多くなる。「全ての持ち物をひとつにまとめられたら」。ありそうでなかったアイテムが、6月にミズノから発売された。商品化のきっかけは、長期化する新型コロナウイルスの感染拡大だった。

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 一見、一般的なバットケースに見える。ただ、多くの野球少年や保護者のかゆいところに手が届く工夫が凝らしてある。まず、長さ約92センチのケースにはバットが2本収納できる。そして、ボールが3つ入るポケットと、バッティング手袋や財布、スマートフォンなどを入れる小物ポケット。水筒やペットボトル用のサイドポケットがついている。

 さらに、グラブを固定できるバックルがついているため、このオールインワンバットケースひとつで野球に出かけられる。ケースは斜め掛けすれば両手が空き、自転車に乗る時も安全。フェンスにかけられるようにフックも付いているので、砂や土で汚れることもない。

 ミズノでは、これまでに数々のバットケースを発売してきた。2本、3本、6本と複数のバットが入るものや、小物が入るポケットの付いたものはあった。ただ、グラブや水筒などは、バットケースとは別に手に持つことを想定していた。野球に必要な用具をひとつのアイテムに収納するという、思い付きそうで今までなかった発想は、コロナ禍で生まれた。

 新型コロナの感染拡大で遠出が難しい中、あるミズノの男性社員は小学校低学年の息子と近所の公園で野球をするのを数少ない楽しみにしていた。ただ、両手は用具でいっぱい。「全部を収納できるものがあったらいいな」。バッグの企画担当をしていた男性は、会議で「オールインバットケース」を提案。多くの賛同を得て、すぐに商品化が決まった。

【次ページ】フックもありネットにもかけられる、親子の共感を呼ぶアイテムに