「できない」を「できる」に変える ミズノが開発した“打撃上達バット”の秘密

2021.09.10

TwitterFacebookLineHatena

正しいスイングが身に付く設計 トレーニングから試合まで

 子どもにとって、道具を使ってプレーする野球は簡単なスポーツではない。特にバッティングは上達まで時間がかかる。そして、初心者に適したバットを選ぶのも難しい。ミズノが新たに発売したバットには「楽しみを知る前に野球を断念してほしくない」という思いが込められている。

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 バットにボールが当たらない。ヒットが打てない。動いているボールを細いバットで打ち返すのは、大人でも難しい。3割打てれば一流と言われるプロ野球の打者も、7割は失敗しているのだ。バッティングはキャッチボールより上達に時間がかかるが、それだけにヒットを打った時の喜びは大きい。

 その喜びを知ってほしい。ミズノは8月に販売を始めたバット「ヒッティングナビ」で、「できない」を「できる」に変えようとしている。チームに入って本格的に野球を始めようとしている小学1年生から3年生に向けたバットで、正しいスイングが身に付く設計にした。握力や腕力が弱くても振れるように、重心を手元に近くした。グリップの太さも微調整を重ねて、子どもの力が入る太さを追求。打球が最も飛ぶ芯の部分には「ターゲットマーク」をついており、どこにボールを当てればいいか一目で分かる。

 また、正しくスイングする練習をしながら、そのまま試合で使えるのも特徴だ。試合に使えるバットは形の制限やルールがある。これまで、野球を始めたばかりの子どもに向けたトレーニング用バットは販売していたが、試合では使用できず、トレーニングと全く同じ感覚では試合に臨めなかった。

【次ページ】子どもの上達だけでなく、大人のサポートも