自転車通いの野球少年も安心 機能性抜群、バットも入るミズノのバッグ

2021.09.03

TwitterFacebookLineHatena

バットに加え、野球用品に着替え、水筒も入る十分な大きさで軽い

 グラウンドまで自転車で向かう野球少年は多いだろう。バットを手に持ちながら、またはケースにいれたバットを肩にかけて自転車に乗るのは、決して安全とは言えない。そんな心配を解消するのが、バットも収納できるリュックサックだ。

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 まさに野球少年のためのアイテム。リュックサックの外側にバットを斜めに収納できる。重さは490グラムと軽いが、容量は23リットルと十分な大きさ。グラブやスパイクの他にも、着替えと弁当を入れてもスペースがある。サイドには水筒を入れられるポケットもついている。

 バットを含めた野球用具一式を収納したリュックサックを背負えば、両手が空く。そのため、他の荷物を持つことも、安全に自転車に乗ることもできる。リュックサックの表面には暗くなると光る「反射リフレクター」がついているので、夕方以降に歩いたり自転車に乗ったりしても安心だ。

(First-Pitch編集部)