子どもに努力を続けさせるには? レッド吉田さんが息子との朝練で実践する“意識づけ”

レッド吉田さんの育成奮闘記、連載第2回

 高校時代に甲子園に出場したお笑いコンビ「TIM」のレッド吉田さんは、5人の子どもを持つ父親。現在、小学5年生の三男・運(めぐる)くんをプロ野球選手にするという目標を掲げ、親子二人三脚で奮闘している。毎回、テーマを決めて、子育てや野球を指導する難しさなどを語ってもらう連載「レッド吉田の“巡る”野球界」。2回目のテーマは「子どもへの意識づけ」です。

◇◇◇◇◇◇◇

【PR】球児&指導者に「成長のキッカケ」を届ける動画配信サービス「TURNING POINT(ターニングポイント)」 LINE友だち限定配信動画公開中

 子どもが練習を続けるにはどうしたらいいのか、今の悩みの1つです。運(めぐる)は、今年3月から登校前に朝練を始めました。始めたといっても、自分から言い出したのではなく僕からの提案です。スタートは午前5時。最初は無理やりでした。

 まずは「3月から朝練を始めるけど、やる? やらない?」と聞いたら「やる」と答えました。開始1週間前、そして開始前日に「朝練やるけど起きられる?」と確認しました。「大丈夫」と答える息子に、何のために朝練をするのか説明します。目標はプロ野球選手になって活躍することです。そのためには空いている時間に練習する必要があって、朝が1番空いているから練習しようと、寝る前に意識付けをするわけです。

 翌朝、やっぱり息子は起きません。嫌だと言って布団から出ません。僕と息子の間には「プロ野球選手になる」という約束事があります。言ってみれば、大前提になる契約です。

「プロ野球選手になるんだよね? 練習しようよ」と息子に声をかけて、一緒に外に出ます。息子は不機嫌なまま体を動かします。昔なら、ここで怒っています。連載の1回目でお話しましたが、僕は長男と次男の時に失敗しているので一切怒りません。

【次ページ】朝練開始から1週間が過ぎて見えた息子の変化