高校野球の指導者が求める中学球児とは? 好まれる「オール3」より「一芸」の選手

公開日:2023.03.30

更新日:2023.12.26

文:橋本健吾 / Kengo Hashimoto

XFacebookLineHatena

2001年から中学硬式の強豪「明石ボーイズ」を指揮する筧新吾監督

 高校野球の指導者が求める中学球児とは? 巨人・山崎伊織投手や、数多くの甲子園球児を輩出している中学硬式野球「明石ボーイズ」の筧新吾監督は「オール3ではなく、一つでも秀でた能力を持っている選手が好まれる」と、近年の“スカウト事情”を語る。

 2001年の創設時からチームを指揮するが筧監督。過去にはボーイズ世界大会に出場した西日本選抜チームの監督を務めるなど、数多くの中学球児が巣立っていく姿を見てきた。“有望選手”をスカウトするため、全国の高校から指導者が訪れるのはよく見る光景だという。

 各高校によって選手選びの特色はあるが、筧監督は「どちらかと言うと平均的な選手よりも、一芸がある選手。とんでもない速い球を投げる、飛ばす力は一番、そういった子が好まれる傾向があります」と指摘する。

 もちろん「走攻守」で能力が高い選手は推薦、特待生などで進学するのが大半。だが、中学生は肉体、精神的にも発展途上で高校に入ってから大化けする可能性を持っている。

【次ページ】「オール3には魅力を感じない。一つ5があればいい」

トレンドワード