「自分で考える野球」の意外な原点 全国連覇した少年野球監督の“指導論”とは

公開日:2022.05.20

更新日:2023.07.04

XFacebookLineHatena

多賀少年野球クラブの辻正人監督、息子と散歩中の出来事が指導のヒントに

 滋賀・多賀町にある少年野球チーム「多賀少年野球クラブ」は今年も全国への切符をつかんだ。毎年のように全国大会に出場し、2018年と2019年に連覇を成し遂げたチームに引き継がれているのは「考える野球」。選手たちが「多賀野球」と表現する辻正人監督の指導法の原点は、意外な出来事にあった。

「何で、多賀は強いんだろう」。チームが強い理由を選手たちに問うと、色んな答えが返ってくる。

「練習環境が整っているから」「監督やコーチの教え方が上手いから」「ミスが少ないから」

 その中で、1人の選手が口にした言葉に仲間たちが同意する。「多賀野球が最強だから」。多賀野球――。「強さ」と「楽しさ」を両立させる辻正人監督が大切にしている指導には、考える楽しさがある。

【次ページ】ノーサイン=脳サインが「多賀野球」の特徴